虚構故郷

虚構故郷

  • 物販商品(自宅から発送)
    default
    ¥ 800

「……うまく言えないけど、さ。何年も、何十年もたったあと、きっと私はここのことを……なんて言うのかな、『故郷』として思い出すんじゃないかなって思ったよ」 どこにもない場所、どこでもない場所──それが、この村。私たちの、虚構の、故郷。 事故によって家族と記憶を失った中学生のサユは、山奥の限界集落にある全寮制の学校に通うことになる。個性的すぎる面々──特に、やたらと突っかかるかと思えば甘えてきたりと自分勝手なマユに振り回されながらも、次第に、サユは村と学校を好きになっていく。けれど、そこには、欺瞞が隠されていた。 限界集落✕新興宗教✕中二病✕百合、という、わたしの好きなものをひたすら詰め込んだお話です。 本文サンプルはこちら http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=707106 B6/オフセット/144ページ

「……うまく言えないけど、さ。何年も、何十年もたったあと、きっと私はここのことを……なんて言うのかな、『故郷』として思い出すんじゃないかなって思ったよ」 どこにもない場所、どこでもない場所──それが、この村。私たちの、虚構の、故郷。 事故によって家族と記憶を失った中学生のサユは、山奥の限界集落にある全寮制の学校に通うことになる。個性的すぎる面々──特に、やたらと突っかかるかと思えば甘えてきたりと自分勝手なマユに振り回されながらも、次第に、サユは村と学校を好きになっていく。けれど、そこには、欺瞞が隠されていた。 限界集落✕新興宗教✕中二病✕百合、という、わたしの好きなものをひたすら詰め込んだお話です。 本文サンプルはこちら http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=707106 B6/オフセット/144ページ