あなたとここで食べること。

あなたとここで食べること。

  • 物販商品(自宅から発送)
    default
    ¥ 600

あなたの笑顔なんか願えない。あなたが不幸になればいいと思う。悲しいことが起きて、わたしに泣きついてくればいいと思う。──この気持ちは、“好き”と言えるのだろうか。(「魔法がとけないうちに」) 居心地の良い内装、心のこもった給仕、高級なワイン、そして最高の料理。それらが私の背筋を正し、そして笑顔を作らせる。最後だから、伝えよう。──「もう二度と会いたくない」。わたしはあんたが大嫌いだった。(「さよならのディナー」) わたしは幸せが好きだ。ひとが幸せなところを見るのが、ひとが幸せを目指して生きているのを見るのが大好きだ。そんなだから、きっとこれは運命なんだと思う。さよならお姉ちゃん、美味しいものを食べて笑い合うって、幸せだよね。(「Happiness, Satiety, Goodbye」) フレンチレストランを舞台に、女子二人がつらかったりつらくなかったりする話をしながらフレンチを食べる短編三つを収録した、グルメ×百合小説となっております。登場するレストランはすべて実在し、小説のあとには詳しいお店の紹介なども載せています。 いちゃいちゃやラブラブは一切なく、甘くないわりとつらいお話になっております。舞台にしたレストランは自信をもっておすすめできるすばらしいお店ばかりです。 サンプルはこちら http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=5670546 B6/オンデマ/68ページ

あなたの笑顔なんか願えない。あなたが不幸になればいいと思う。悲しいことが起きて、わたしに泣きついてくればいいと思う。──この気持ちは、“好き”と言えるのだろうか。(「魔法がとけないうちに」) 居心地の良い内装、心のこもった給仕、高級なワイン、そして最高の料理。それらが私の背筋を正し、そして笑顔を作らせる。最後だから、伝えよう。──「もう二度と会いたくない」。わたしはあんたが大嫌いだった。(「さよならのディナー」) わたしは幸せが好きだ。ひとが幸せなところを見るのが、ひとが幸せを目指して生きているのを見るのが大好きだ。そんなだから、きっとこれは運命なんだと思う。さよならお姉ちゃん、美味しいものを食べて笑い合うって、幸せだよね。(「Happiness, Satiety, Goodbye」) フレンチレストランを舞台に、女子二人がつらかったりつらくなかったりする話をしながらフレンチを食べる短編三つを収録した、グルメ×百合小説となっております。登場するレストランはすべて実在し、小説のあとには詳しいお店の紹介なども載せています。 いちゃいちゃやラブラブは一切なく、甘くないわりとつらいお話になっております。舞台にしたレストランは自信をもっておすすめできるすばらしいお店ばかりです。 サンプルはこちら http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=5670546 B6/オンデマ/68ページ